ジュニアレッスン

ジュニアレッスンについて

ジュニアレッスン

千葉晃プロ(1945年~2018年)

日本ジュニアゴルファー育成協議会理事 全国小学校ゴルフ連盟理事長

千葉晃プロ
資格 PGAティーチング・マスター称号取得者
ゴルフ歴 1963年 埼玉県嵐山カントリークラブ入社
1974年 トーナメントプレーヤーテスト合格
N.G.F校長アーブ・シュロス氏に師事
アメリカ打法を金田武明氏に学ぶ
1984年 社団法人 日本プロゴルフ協会インストラクターA級合格
1986年 財団法人 日本ゴルフ協会ジュニア指導員
1994年 千葉晃のジュニアゴルフミーティーング開始
(北谷津ゴルフガーデン)
2002年 PGAチーフトーナメントディレクター
メジャー、日本プロゴルフ選手権(7回)日本プロシニア選手権(10回)
千葉晃プロを偲ぶ会 2020年1月北谷津にて開催
北谷津ジュニアDNA 千葉晃プロの残したジュニア育成の考え方・良い所を伸ばす
ジュニアレッスンに向けて

ゴルフは、人種、信仰、気質、気概を問わず世界中の老若男女に楽しまれている、素晴らしいスポーツです。
さまざまな運動競技の中で、ゴルフほど簡単で友愛精神にとんだスポーツはありません。
私もゴルフを通じて世界中に友人がいます。よいゴルフはやさしいゴルフです。悪いゴルフは難しく、より多くの体力を必要とします。
ゴルフスイングを、推測でなく客観的に分析する。これが千葉晃流の考え方です。スウィングは、テコの原理、慣性、遠心力、求心力といった物理の法則に則っています。
体をひねったその力が、最も効果的に発揮できる動きが出るようにします。これは難しいことではありません。
しかし、始めから何をしようとしているかわからないまま、やってはいけません。混乱こそ習得の敵なのです。
今回、私のおこなうジュニアプログラムは、より単純に、小さなお子様にも短時間に学べるよう配慮したものです。
ぜひ、この機会をご利用くださるようお願いいたします。

石川遼くん・池田勇太プロも参加したジュニア競技会

石川遼くん

2005年中学一年生の石川遼プロ

池田勇太プロ

小学生の池田勇太プロ

河内勝行くん

小学生大会10回優勝の河内勝行くん

3歳~18歳対象

世界ジュニア選手権出場・各世代の日本代表・トーナメントプロ等、実際に活躍しています。
また、健康のためお子様にスポーツをさせてみたいという方も大歓迎いたします。

  • 家族的な雰囲気で、ゴルフを通じてのマナーや礼儀も学べるレッスン。
  • 悪いところをスパルタで直すのではなく、良いところをもっと良くする伸び伸びとしたレッスンです。

ジュニア競技会の詳細は「北谷津ブログ」からご覧いただけます

世界ジュニア選手権出場
各世代の日本代表
トーナメントプロ
曜日

毎週金曜日

*試合等で中止の場合がありますので電話等で

確認下さい。

担当プロ

篠崎紀夫プロ

料金・特典

1ポイント3,300円(Jr会員料金)

時間内練習可(コース含む)

時間 16:00~20:00
特別プログラム

ジュニアゴルフミーティング
第1日曜日 9:00~16:00
レッスン+競技会6,000円(税別)

ハンデ戦(指導;篠崎紀夫プロ、三上幸一郎プロ他)

 

千葉晃のジュニアゴルフミーティング

ごあいさつ

ゴルフミーティング

ゴルフは、人種、信仰、気質、気候を問わず世界中の老若男女に楽しまれている、すばらしいスポーツです。
さまざまな運動競技の中で、ゴルフほど簡単で、友愛精神にとんだスポーツはありません。私もゴルフを通じて世界中に友人がいます。

よ いゴルフはやさしいゴルフです。悪いゴルフは難しく、より多くの体力を必要とします。ゴルフスウィングを、推測でなく客観的に分析する、これが千葉晃流の考え方です。

スウィングは、テコの原理、慣性、遠心力、求心力といった物理の法則に則っています。体をひねったその力が、最も効果的に発揮できる動きが出るようにします。これは難しいことではありません。しかし、始めから何をしようとしているかわからないまま、やってはいけません。混乱こそ習得の敵なのです。

今回、私のおこなうジュニアプログラムは、より単純に、小さなお子様にも短時間に学べるよう配慮したものです。
ぜひ、この機会をご利用くださるようお願いいたします。

プロゴルファー千葉晃(ちば・あきら)

千葉 晃 プロフィール

千葉 晃(Akira Chiba 1945年~2018年没)
全国小学校ゴルフ連盟理事長、北谷津ゴルフガーデン
(財)日本ジュニアゴルファー育成協議会理事

(北谷津ジュニアゴルフを発展させ、それは篠崎紀夫プロ、三上幸一郎プロへと

引き継がれて北谷津DNAとなっています。)

ゴルフ歴

1963年 埼玉県嵐山カントリークラブ入社
1974年 トーナメントプレーヤーテスト合格
N.G.F校長アーブ・シュロス氏に師事
アメリカ打法を金田武明氏に学ぶ
1984年 社団法人 日本プロゴルフ協会インストラクターA級合格
1986年 財団法人 日本ゴルフ協会ジュニア指導員
1994年 千葉晃のジュニアゴルフミーティーング開始(北谷津ゴルフガーデン)
2002年 PGAチーフトーナメントディレクター
メジャー、日本プロゴルフ選手権(7回)日本プロシニア選手権(10回)

イベント・テレビ

  • 1982年、1983年にTBSペアマッチゴルフを企画・解説
  • 国際スポーツフェアー ゴルフ担当
  • アメリカ打法VTRペブルビーチ編 企画編集(アメリカン・エクスプレスより販売)
  • 報知新聞横尾要CAP「全国小学校ゴルフ選手権」(静ヒルズCC)競技委員長
  • 全英シニア、全米オープン、全米プロ,全英オープン解説

執筆

「わが子をタイガーにする方法」(2000年 河出書房新社)
週刊アサヒゴルフ/レディースアサヒゴルフ連載
サンケイスポーツ100回連載
週刊パーゴルフ「ジュニアゴルフ」連載/夕刊ゲンダイ連載
その他新聞・雑誌多数

千葉晃主宰ゴルフクリニック

「イエス」のひと (住友生命機関誌1987年6月号 深田祐介著 より抜粋)

私のゴルフのコーチ、千葉晃氏は大変にユニークなひとである。(略)千葉コーチがユニークな理由は、基本的に「イエスのひと」で「ノーのひと」ではない、ということだろう。
スポーツコーチに多く見受けられる「ノーのひと」は、新弟子を見るや、その技術を全面的に否定して、基本から教えこもうとする。
あるいはワンパターンの教育法を押しつけようとする。
いっぺんにいろいろな情報を叩きこもうとするものだから、教えられる方は大混乱をきたして、結局プラスになるどころか、マイナスになってしまう。
こういった傾向はプロ野球のコーチあたりにも適用できそうだが、千葉さんはその辺が違う。まず相手の技術を認めよう。その技術を生かしたうえで、うまく改造していこう、ということで与える情報を最小限に止める。
さぞかしいろいろといいたくて、いらだつと思うのだが、じっと我慢して、相手を励まし、褒めあげ、そのうえで、3ポイントくらいの指示をする。
彼は日頃から、これからのコーチは表現力が絶対の条件といっていて、この3ポイントがいわば勝負どころなのだろうが、きわめて適切、明確な内容の指示である。

千葉晃主宰ゴルフクリニック

  • ゴルフイベント
  • インストラクターの方へ
  • 手ぶらでBBQ
  • Gooブログリンク